MI


軽井沢幼稚園ブログ

電話でのお問い合わせはTEL.0267-42-3071

〒389-0102 長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢786-1

日々の様子

2022.6.3(金)  鷹野禮子先生講演会

鷹野禮子先生が軽井沢幼稚園に来てくださり、『電子メディア時代の子育てについて』というテーマで、保護者向けに以下のお話をしてくださいました。

・乳幼児期は「つ」が付く年「ここのつ(小学校3年生)」までで、この時期に魂への彫刻がされる
・電子メディアとばかり関わっていると、脳がゲーム脳になってしまい、思いやりの気持ちや想像力などが育たなくなってしまう
・母親もスマホ依存症になっていて、子どもの方を見ていない
・体験を通して、五感(見る・聞く・味わう・触る・嗅ぐ)をフル回転して感性を育てる
・縄跳びや逆上がりなど、小さい時にやっていなければ大きくなっても難しい
・子どもに沢山話しかけることは、愛情を注ぐことである
・絵本は心の食事なので、出来るだけ沢山絵本を読んであげてほしい

講演会に参加した保護者の皆さんは、鷹野先生のお話を真剣に聞いていました。

講演会後には教師向けにもお話をしてくださり、貴重な時間を過ごすことができました。


2022.5.27(金) 5月のお誕生日会 

5月のお誕生日会は、園長先生が海外に行ったお話を聞きました。
園長先生は過去にいろいろな国を訪れていますが、今回は旅行で訪れた「モンゴル」のお話でした。

そこは見渡す限りの大草原だったこと、
牛や馬・羊・ラクダがいたこと、
ゲルというモンゴルの移動式住居のこと、
夜になると空には満天の星空が広がっていたこと、
などのお話を、実際の写真を見せながら話してくれました。
また、絵本「スーホの白い馬」に出てくる馬頭琴も本物を見せてくれました。















2022.5.20(金) ビオトープで苗植え

今年度最初のビオトープ。
ビオトープまでは、軽井沢駅から電車に乗り、信濃追分の駅から歩いて行きます。
初めてのお友達もいるので、電車を乗る時のお約束や道路の歩き方、踏切を渡る時のお約束を一つ一つ確認しながら行きました。

今日はかぼちゃと枝豆の種苗を植えました。一人ずつ苗を持って土のくぼみに置いて土を優しくかけ、大きく育つようにお祈りをしました。
ちょうどルバーブが収穫の時期だったので、立派に育ったルバーブも取らせていただきました。

作業が終わると、自由に散策をしました。
お家から持ってきた空のペットボトルに川や田んぼの水を汲み観察したり、虫取り網であめんぼやカエルを捕まえたり。
泥や川に足がズボッと入ってもおかまいなしで虫取りに集中する子や、可愛い草花に興味を持つ子もいて、新緑の中の自然散策を楽しみました。






















2022.5.12(木) 春の遠足

春の遠足で、親子一緒にライジングフィールドへ行きました。

良いお天気をくださった神様に感謝しお祈りをしてから芝生広場へ移動し、みんなで手を繋いで大きな大きな円になり、「かりかりわたれ」「かえるの大脱走」「南極のペンギン」などの集団遊びをしました。

その後、園児保護者の和部さんがサバイバルについてのお話をしてくださいました。
実際に狩りで取った鹿の毛皮で作ったベストや、鹿と猪の角や糞を見て触らせていただきながら、動物はどんな物を食べて生活しているか、山の中に生息している動物をどうやって探すかを教えてくださいました。

また、人が生きるために重要な「サバイバル 3の法則」の話をしてくださいました。
@人が空気無しで生きられるのは3分
A適切な体温を保持できずに生きられるのは3時間
B水分を摂らずに生きられるのは3日間
C食料無しで生きられるのは3週間
このような優先順位があり、それを踏まえて備えをすることが重要だということを学びました。

火起こし体験では、竹を使って一から火を起こす方法を教えてくださいました。
竹を2つに割って片方の竹に溝を作り、その溝にもう片方の竹をこすり合わせて火を起こすやり方です。
力と根気のいる実践でしたが、参加してくださっていたお父様方がチャレンジしてくださいました。
子ども達は炭火で焼きマシュマロをしました。

食後は川の遊び場に行って水遊びをしました。
カエルの卵やおたまじゃくしが沢山いて、みんな大喜びで触っていました。























2022.5.10(火) 避難訓練 

火事を想定した避難訓練を行いました。
消防署の方が来てお話をしてくださった後に、ポンプ車の見学をさせていただきました。









2022.5.9(月) お茶会見学

今日はぴーちく(保護者会)があり、その後に手しごと会を行いました。
手しごと会は、保護者の皆さんに、手しごとをしながらおしゃべりをしたり自分の時間を楽しんだりしていただくための会です。

5月の手しごと会は「お茶会」を行いました。
諏訪の森公園で野点の予定でしたが、あいにくの雨のため、諏訪神社の大広間をお借りしました。
お茶の先生の宇都宮よし子さんは素敵な和服でいらっしゃり、床の間には掛軸、花入れにはヤマシャクヤクの花を生けてくださっていました。
保護者の皆様は先生が点ててくださったお茶を美味しくいただきました。
ゆったりとした時間が流れ、至福の時間でした。

子ども達もお散歩がてら見学させていただきましたが、荘厳な雰囲気の中静かに見ることができました。
お茶会見学後には、神社にある土俵で相撲大会が始まりました。
小雨だったので合羽を着ていましたが、みんな元気いっぱい遊んで帰りました。















2022.4.28(金) 4月お誕生日会

今年度はお誕生日会でもSDGsに触れ、参加してくださる保護者の方にも一緒に考えていただけたらと思っています。

4月のお誕生日会では、かえる・おたまじゃくし・とんぼ・あめんぼ等小さな生き物達が川で暮らしている様子が出てくる「はるのみずたまり」という映画を観ました。
映画の後に、自然の中で生活する生き物のことを考えながら「L気候変動」「M海洋資源」「N陸上資源」の内容にちなんだ話をしました。

ごみを捨てると地球の汚染に繋がるという話、
リサイクルされた物はどんな物に生まれ変わるかという話、
地球の温度が少しずつ上がっているという話等、
いま地球がおかれている状況のことを伝え、これからの地球のことを考えながら小さなことでもいま自分達ができることをしていきましょう、と伝えました。

子ども達も真剣に話を聞き、「かわがよごれるとおさかながくるしくなってしまう」「たべるものがなくなってしまう」」「いきものがかわいそう」等、それぞれ自分が思ったことや感じたことをお話してくれました。








2022.5.6(金) ” SDGs ”の取り組み

現在、様々な企業で取り組まれている ” SDGs ”
” Sustainable Development Goals ” の頭文字からなっていて、日本語で「持続可能な開発目標」という意味です。
2030年までにより良い世界を目指す国際目標とされ、「環境保全」と「経済発展」の両立を考慮して、以下17の目標が設定されています。
@貧困をなくそう
A飢餓をゼロに
Bすべての人に健康と福祉を
C質の高い教育をみんなに
Dジェンダー平等を実現しよう
E安全な水とトイレを世界中に
Fエネルギーをみんなにそしてクリーンに
G働きがいも経済成長も
H産業と技術革新の基盤をつくろう
I人や国の不平等をなくそう
J住み続けられるまちづくりを
Kつくる責任つかう責任
L気候変動に具体的な対策を
M海の豊かさを守ろう
N陸の豊かさも守ろう
O平和と公正をすべての人に
Pパートナーシップで目標を達成しよう

軽井沢幼稚園でも、SDGsについて今年度から保育の中に取り入れ、子ども達と一緒に身近なところから学び考えながら取り組んでいけたらと思います。






2022.5.2(月) こいのぼり製作

先日、こいのぼり製作をしました。
今年のこいのぼりは「野菜スタンプこいのぼり」です。
小松菜・ピーマン・れんこん・ナスなどの野菜に色を付け、思い思いに画用紙にスタンプを押しました。
それぞれの野菜の断面の形を楽しみながら模様を付ける子や、ローラーを使って隅から隅まで塗りつぶす子もいて、それぞれの個性がよく出ていました。
模様を付けた紙が乾いたら、こいのぼりの形に切って目を付け、素敵なこいのぼりが出来上がりました!















2022.4.27(水) 端午の節句のお話

昨日から降っていた雨が上がり、気持ちのいい朝になりました。
今日は三度屋の佐藤さんが端午の節句のお話をしに来てくださいました。
三度屋さんは御年84歳。軽井沢幼稚園の卒園生です。

最初は「こいのぼり」のお話。
鯉という魚は、滝を登って竜になり天へ昇っていったことから、子ども達が元気に育ってほしいと願いを込めて「こいのぼり」を飾られるようになったと話してくださいました。

次に「五月人形」のお話をしてくだいました。
少し前に幼稚園に五月人形を持ってきてくださったので、玄関に飾っていました。
左側にある鐘馗さんは、天から降りてきた怪物でウルトラマンみたいなもの。「悪い子はいないかなぁ」と探しているそうです。
右側の鎧・兜についてもお話してくださいました。
また、昔は時計がなく、お寺の鐘やお城の太鼓の数で時刻を知らせていたと教えてくださいました。

ちょっと難しいお話でしたが、みんな静かに聞いていました。









2022.4.25(月) お花見散歩

今日のお散歩は、旧軽井沢の銀座通り〜神宮寺〜軽井沢リトリートセンターを通り、諏訪の森公園まで歩きました。
歩いている途中にいろんな場所で桜を見ることができました。

今年は桜の開花が早く、軽井沢も葉桜になりかけています。
散り際の桜も美しく、地面に広がる花びらを見て「わー!さくらのじゅうたんみたい〜」と子ども達は大喜びでした。

諏訪の森公園に着くと、桜の花びらがが舞い散る中でお昼ご飯を食べて、食後に公園で沢山遊んで帰りました。
















2022.4.22(金) 新入園児歓迎会

今日は、新しく幼稚園に入園したお友達の歓迎会を行いました。

まずお部屋の中で礼拝をして、毎日歌っている歌をお家の人達に聞いてもらいました。
そして外へ出て体操をした後に、お家の人と一緒に「たけのこ一本おくれ」や「あぶくたった」などの伝承遊びをし、外遊びの様子も見ていただきました。
新入園児さんはだんだんと幼稚園に慣れて、大きいお兄さんお姉さんとお砂遊びをしたり、二人乗り三輪車に乗ったり、仲良く遊んでいました!

初めてのお家の方には給食も一緒に食べていただき、楽しい時間を過ごすことができました。














2022.4.13(水) ハッピーイースター

イースターはイエス・キリストの復活をお祝いする日で、キリスト教ではとても大切な行事の一つとされています。また、春の到来をお祝いする日でもあります。

今年のイースターは17日の日曜日ですが、幼稚園では今日イースターのお祝いをしました。

登園してきた子から茹で卵に好きな絵を描き、食紅水にしばらく付けて染めて、カラフルな可愛らしいイースターエッグが出来上がりました。
染めている間、ワクワクしながらずっと見つめながら待っている子もいました。

出来上がったイースターエッグは先生が園庭に隠し、お楽しみのイースターエッグ探しをしました。
そしてそれぞれ自分の作ったものを嬉しそうに持ち帰りました。














2022.4.11(月) 幼稚園探検

今日から幼稚園での生活が始まりました。
初日なので、みんなで幼稚園の中と外を探検しながら、どんな遊具やおもちゃがあってそれを使うときにはどんなお約束やルールがあるかを確認しました。

移動する時には昨年からいたお友達が新しく来たお友達の手を優しく繋いでくれていました。
先生がどんなルールやお約束があるか質問をすると、手を挙げて答え、新しく来た子に教えてあげていました。








2022.4.8(金) 入園式

第96回入園式が行われました。
昨年度からの中途入園のお友達を含め、12名のお友達の入園をお祝いしました。
今年度も子ども達が安全に、楽しく幼稚園生活を送ることができるように取り組んでいきたいです。

式中に保護者会長の森聡子さんより、以下のお祝いの言葉をいただきました。

「みなさんおはようございます。
私は月組のおとはちゃんのお母さんです。
軽井沢幼稚園にようこそ。ご入園おめでとうございます。
きっとドキドキしながら幼稚園にきたことでしょう。
幼稚園にいるお兄さん、お姉さんたちもそうやって幼稚園で過ごしてきたんですよ。
これから幼稚園でいっぱい遊んで、お友達、先生と笑ったり泣いたり、色んな時間を過ごして大きくなっていってくださいね。

保護者の皆様、本日はお子様のご入園、誠におめでとうございます。
我が子、音葉と軽井沢幼稚園に入園して3年目の春を迎えますが、あっという間に年長になってしまって、私の気持ちがついていかないところです。
今日を迎えるにあたり、お子さん同様、緊張と不安があったことと思います。
これからはじまる生活も見えないことばかりで、お子さん以上に心配されているお母様もいらっしゃるかもしれません。
日常の慌ただしい生活を過ごしていると、見過ごしてしまいがちな我が子の成長を、ここ軽井沢幼稚園だからこそ、先生やお友達ママさんと共有していきながら、安心してお子様と過ごせるのではないかなと思っております。
保護者会としての役目もそういうサポートをすることかと思いますので、どんなことでも気兼ねなくお声掛けください。
楽しい幼稚園生活を過ごせますように

保護者会 会長 森聡子」











2022.3.18(金) 卒園証書授与式 

第95回卒園証書授与式が行われました。

前日に在園児さんと保護者の皆様も一緒に卒園パーティを行いました。
例年は音羽の森ホテルで行っていましたが、今年は園庭で飲み物を飲みながら歓談しました。
卒園児と在園児それぞれへプレゼントの贈呈や先生への花束贈呈があり、最後にみんなで「虹」を歌いました。

卒園式終了後には礼拝堂で、卒園児とその保護者、教師数名で謝恩会を行いました。
卒園生8名のご両親が揃って出席してくださり、それぞれ軽井沢幼稚園での思い出をお話してくださいました。中には、「花組からもう一度やりなおしたい」とおっしゃった保護者もいらして感動的でした。
ずっと一緒だと思っていても、いつか別れの日がきますね。
小学校に行っても、軽井沢幼稚園に遊びに来てくださいね。














2022.3.16(水) ありがとうの会

2月に予定していたありがとうの会が延期になり、卒園式の2日前に行いました。

天地創造の劇では、自分でなりたいものを決め、お面や衣装、舞台装置などを準備しました。
劇中では1年間を通して歌ってきた讃美歌を、それぞれの役になりきって歌いました。
英語や手話の歌も、マーティン先生や手のひら会の皆さんに教わった身振り手振りを付けながら大きな声で発表できました。
練習出来た日数は少なかったですが、一人ひとりの個性が詰まった素敵な舞台になりました。

会の最後に、「こんなことできるようになりました!」のコーナーでは、跳び箱、縄跳び、鉄棒など一人一人が見てもらいたいと思ったものを行いました。
自分で決めたものをやり遂げる姿は自信に満ちて輝いていました!
自分の出番だけでなくお友達が挑戦する時にも全力で声援を送る姿はとても感動的でした。
みんなが取り組んできたことはこれからの力となることと思います。






















2022.3.15(火) お別れ会

月組さんとのお別れ会をしました。
この日の昼食のメニューは月組さんが考え、おにぎりとシチューとパフェに決まりました。
前日に近くのスーパーまで歩いて食材の買い出しに行きました。スーパーに着くと2つのグループに分かれて分担して買い物をしました。

おにぎりは各自でにぎり、シチューは先生に作ってもらいました。パフェは仲良くしてくれたお友達のために、月組さんが1人4つずつトッピングをしました。

そして星・花・羊組のお友達から月組さんにプレゼントを渡しました。
プレゼントは小学校の時間割を貼ることができる額です。
今までお世話になった月組さんのために、紐通しをしたビーズで周りを飾りつけして感謝の気持ちを込めて作りました。
小学校へ行っても頑張ってね!









2022.2.3(水) 天地創造の劇

毎年2月に行っているお楽しみ会を、『ありがとうの会』として行うことになりました。
1年間頑張ってきたことや成長できた”ありがとうの気持ち”を、神様やお家の皆様に伝えることができたらと思います。

例年、旧約聖書の創世記の一番初めのお話「天地創造」の劇を行っていますが、
自主登園が続いていてなかなかみんなが集まることができません。
そこで、教師がマグネットシアターを使って天地創造のお話の動画を作り、
お家で見てもらえるようにしました。
天地創造の劇の中の歌は、1年間礼拝の中で歌ってきた讃美歌に手話を付けたものです。
お家で動画を見て楽しみながらお話を覚えてもらいたいです。








2021.1.13(木) お正月のお話

三度屋の佐藤さんがお正月の話をしてくださいました。

新しい年になると「あけましておめでとう」という挨拶をします。
「おめでとう」という言葉には、芽が出て、葉が出て、立派な花を咲かせてください、
という意味があるということを、実際に小さな芽が出ている枯れ枝を見せて教えてくださいました。

また、昔の羽子板と羽根を見せてくださいました。
その羽根の形はとんぼに似ています。
とんぼは病気をつれてくる蚊を食べてくれる益虫なので、羽根付きの羽根はとんぼの代わりで
蚊から身を守ってくれる意味がある、という話をしてくださいました。。

三度屋さんのお話を聞いた後、皆で羽根つきをして遊びました。






2021.1.12(水) 体育プログラム

今年度3回目の体育プログラムの時間があり、佐藤志穂先生が来てくださいました。

今回も学年ごとに分かれて行い、跳び箱・縄跳び・鉄棒ができるようになるために
どんな動きを取り入れてどのような練習を行ったらよいかを教えていただきました。

コロナ前と比べて子どもの運動量は6割減っているそうです。

毎回志穂先生が、子ども達が楽しんで取り組めるような内容を考えてくださるので、
今回もみんな「もっとやりたい!」「あしたもきて!」と言っていて
志穂先生も喜んでくださっていました。

来年度も楽しみにしています!

















2022.1.11(火) 三学期始業日

今日から三学期が始まりました。
年末年始は寒波が到来したり、感染症が再び拡大し始めたりしましたが、
それぞれが楽しい冬休みを過ごせたようです。

今年も元気に頑張りましょう!






2021.12.23(木) 二学期終業日

今日は二学期終業日で、半日保育でした。
お帰りの前に、迎えに来てくださった保護者の皆様に向けて、担任からご挨拶をしました。

明日から冬休みになります。
帰省や親戚の集まりなどの交流もあるかと思いますが、
感染の予防を徹底しながら楽しい冬休みをお過ごしください。

これから雪も多くなるので、積雪による事故にも気を付け、三学期に元気に会いましょう。















2021.12.22(水) 一人分カレー作り

しばらくの間食育ができませんでしたが、今回は各々で一人分のカレーを作りました。

羊組は、茹で卵の殻剥きとエノキ割きをしました。
花・星・月組は、包丁を使って一人分の野菜を切りました。

小さくしたじゃがいも・玉ねぎ・人参・えのき・ソーセージ・水・カレー粉それぞれ一人分を耐熱性のビニール袋に入れて、20分ほどお湯の中につけてできあがりです。
デザートのゼリーもそれぞれ自分のカップで作りました。
自分で作ったカレーをみんなにこにこで美味しくいただきました。

この作り方はキャンプや非常時にも活用できます。
















2021.12.17(金) クリスマス会

16日17日の2日間でクリスマス会を行いました。

子ども達の聖誕劇(ページェント)、合奏、歌の発表は両日ありました。
聖誕劇は全クラスで行い、少し緊張している様子の子もいましたが、それぞれが自分の役を一生懸命演じました。
歌は「white christmas」は英語で、「サンタが街にやってくる」は手話で発表しました。
また、1日目は保護者会によるハンドベルの発表があり、保護者の皆様が真っ赤なお鼻のトナカイに変身して素敵な演奏を聴かせてくれました。
2日目にはサンタクロースがみんなにプレゼントを持ってきてくれました。

クリスマス会後には昨年はできなかったティーパーティーがあり、軽食をいただきました。
教職員によるハンドベルと歌の発表もありました。

とても楽しく、素晴らしいクリスマス会になりました。























2021.12.10(金) 献金箱

幼稚園では毎年クリスマスに、神様に献金をお捧げしています。

献金箱は、困っている人や苦しんでいる人のことを想いながら、子ども達が手作りしました。
丸・三角・四角の形の画用紙を使って思い思いの飾りを作り、牛乳パックに貼り付けて
一人ひとり違う素敵な献金箱ができあがりました。

今年の献金は、子ども達の支援を行っている国際組織の「セーブ・ザ・チルドレン」と
難病のゆうちゃんの為に募金活動を行っている「ゆうちゃんを救う会」にお届けします。

















2021.12.6(月) リース&スワッグ

12月のてしごと会で、クリスマスリースとスワッグを作りました。

保護者の方それぞれが選んだ飾りの色味や飾りつけ方によって、
一つ一つ違った雰囲気の素敵な作品が出来上がりました。









2021.12.2(木) クリスマスの飾り

それぞれのクラスで作ったクリスマスツリーやリースで、保育室や玄関が華やかになっています。
小さいクラスのお友達も細かい作業に集中して取り組みました!

クリスマスが待ち遠しいですね。





















2021.11.30(火) 食育

昨日、食育で野沢菜漬けを作りました。

まず始めに、先生が『どんどこどん』という絵本を読みました。
土から生えている茎や葉っぱを見て、何の野菜かをクイズ形式でみんなに聞き、
野沢菜も土から生えているというお話をしました。

野沢菜と合わせる前の調味料はどんな香りがするかな〜何が入っているかな〜と、
匂いをかいだりもしてみました。

包丁を使う前に包丁の使い方とお約束を伝え、野沢菜を親指くらいの長さに切っていきました。
そして切った野沢菜をビニール袋に入れ、そこに調味料入れてもみもみして少しおいたら完成!

とても美味しい野沢菜漬けができたので、お家にお土産で持ち帰りました。
















2021.11.29(月) アドヴェント

先日うっすらと雪が積もりました。
いよいよ冬がやってきて、軽井沢も日に日に寒さが増しています。

幼稚園の室内も、秋のお散歩で拾ってきた綺麗な葉っぱでクリスマスの飾りを作ったり、
ストローに絵の具を付けてスタンプしてツリーの絵を描いたり、
子ども達の作品で冬一色になりました。

先週の金曜日にアドヴェント(クリスマスまでの一カ月)の一週目を迎え、
少しずつクリスマス会の準備も始まっています。















2021.11.25(木) 碓氷峠の見晴台へ

バザーの収益金の一部で赤バスの旅を企画し、
長野県と群馬県の県境にある碓氷峠の見晴台まで行ってきました。

バスを降りて見晴らし台まで上ると、素晴らしい景色が広がっていました。
峠の上も暖かく気持ちのいい気候だったので、みんなでたくさん走り回って遊び、
おやつにおやきを食べて帰ってきました。

今日は全員出席で、羊組から月組までみんなで一緒に行けたので良かったです。
















2021.11.20(土) 子ども祝福式

軽井沢教会の行事の一つである子ども祝福式が幼稚園児対象で行われ、
10名のお友達が参加してくれました。

神様に感謝し、成長を喜びながら礼拝を行い、
その後に一人ひとり松村先生から祝福を受けました。









2021.11.15(月) サッカー

今年度最後のサッカーの時間がありました。
朝は車の窓ガラスが真っ白になるくらい冷えていましたが、日中はとても暖かく、
サッカーで身体を動かすと少し汗ばむくらいの陽気でした。

今日は13名の子ども達が参加しました。
前半は基礎練習で、まずは鬼ごっこをしました。
その後、一人ずつボールを持ってボールを投げてキャッチしたり、自分の周りをぐるぐる回したり、
コーチの真似をしていろいろな動きをしました。

後半は3チームに分かれて、真ん中にあるボールをできるだけ多く自分達のところに集める
ゲームをしました。
「ゆうべテレビでサッカーをみた!」と言って張り切っていた子もいました。

アルティスタのコーチの皆さん、一年間ありがとうございました。










2021.11.5(金) レゴ

10月1日に行われたバザーの収益金の使い道を検討し、一部をキリスト教保育連盟災害援助助成金に寄付しました。
あとは園児の為に使おうということになり、残りの収益金の一部でレゴを購入しました。

子ども達には、みんなで仲良く使うためにしっかりとお約束をしてから使い始めました。
みんなとても喜んでいろいろな物を作って遊んでいます。















copyright©2019 karuizawa youchien all rights reserved.


information

軽井沢幼稚園

〒389-0102
長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢786-1
karuizawa@siren.ocn.ne.jp
TEL.0267-42-3071
FAX.0267-42-9201


2021_1st.htmlへのリンク

1st2021.htmlへのリンク